株式会社サイトパスファインダーは、独立行政法人産業技術総合研究所の研究成果を基に優れた医薬品の研究開発をすすめています。

新着情報

2019年

2019年6月25日
株式会社フェニックスバイオとの業務提携について

株式会社サイトパスファインダー(本社:東京都千代田区、社長:山本柳二、以下CP社)は、2019年6月25日付で、株式会社フェニックスバイオ(本社:広島県東広島市、社長:島田卓、以下PXB社)と業務提携契約を締結することに合意しました。

CP社は、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)の研究成果を事業化するために2004年12月に設立された産総研技術移転ベンチャー企業で、細胞内へさまざまな核酸を導入する独自技術「固相トランスフェクション法」を基盤として、製薬企業や研究機関、アカデミアにおける医薬品の研究開発の支援に取り組んでいます。

一方、PXB社は、高品質なヒト肝臓細胞キメラマウスであるPXBマウスを用いた医薬品開発の受託試験サービスならびにPXBマウス関連商品を提供しています。

今回の業務提携では、両社の製品・サービスの強みを活かし、新鮮ヒト肝細胞PXB-cellsを対象とした「In vitro siRNAトランスフェクションアッセイキット」の販売を開始します。通常siRNAを細胞へ導入する際には、核酸導入試薬の種類や濃度、siRNAの濃度、細胞の播種密度や培地への添加物、培養時間などさまざまな条件を事前に検討する必要がありますが、両社はこれまでの研究において、PXB-cellsに対し、CP社の製品である「siRNAトランスフェクション最適化プレート」を用いてsiRNAの最適な導入条件を見出しました。
「In vitro siRNAトランスフェクションアッセイキット」を利用することで、ユーザーは煩雑な条件検討を行うことなくsiRNA実験に注力することが可能となり、大幅な時間削減とコスト削減にも貢献できます。またPXB-cellsを用いることで、これまで可能だった薬物代謝、酵素誘導・阻害、安全性、トランスポーター評価、抗HBV薬効評価などの各種In vitro実験にsiRNA実験を組み合わせる事により、対象遺伝子の特定や遺伝子相互作用などのメカニズム解明が期待できます。

両社は連携して国内の製薬企業やアカデミアに新商品を提供するとともに、PXB社の海外ネットワークも活用した海外での顧客開拓も視野に入れています。

2018年

2018年8月
遺伝子編集技術CRIPR-Cas9と当社の固相遺伝子導入技術をドッキングし、遺伝子導入効率と遺伝子編集効率を向上させた遺伝子編集固相化キットを開発、上市しました。

2016年

2016年3月
英国の100%子会社であるPGXIS社が48%を出資して設立したADORIAL社と英国のバイオベンチャー企業C4X社がM&Aにより、PGXIS社はC4X社株72万株余を取得しました。
2016年2月
事業の再建を図るため、臨時株主総会を開催し出資者を山本柳二氏100%に集約しました。

2015年

2015年4月
フナコシ株式会社とトランスフェクションアレイプレートに関する販売契約を締結しました。

2014年

2014年10月
国立大学の研究成果を活用した犬DNAによる行動特性診断事業を、一般社団法人JAPAN DOG DNA CENTERと連携の上、開始いたしました
2014年1月
日本貿易振興機構(JETRO)が主催した第一回ジェトロ・シリコンバレーイノベーション・プログラムに採択され、中小ベンチャー企業の一社として米国サンフランシスコ・シリコンバレーのピッチイベント等に参加しました。

2013年

2013年10月1日
トランスフェクションプレートの専用ページ開設のお知らせ

株式会社サイトパスファインダーは弊社が製造・販売するトランスフェクションプレートの専用ページをオープンいたしましたので、お知らせいたします。

今回の専用ウエブページは、サイトパスファインダー社の固相系トランスフェクションプレート(以下「TFプレート」)に関する情報サイトとして、現在、使用中、または、これから試してみたいというお客様のために充実したコンテンツをわかりやすく、お届けしたいと考えております。

今後も皆様の声を参考に、柔軟に内容の充実を図ってまいります。

特に今回の目玉は、新たに加わった「実績のある細胞のリスト」です。
実際のデータのほか、今後も引き続き、これまでトランスフェクションが困難とされてきた細胞への成功事例を載せてまいりたいと考えております。

そのために、今回、モニターキャンペーンも実施中ですので、是非、ご参加をお願い申し上げます。

▼キャンペーン情報▼

モニターキャンペーンを実施中。 詳しくはこちら

今後も一層の内容の充実に努め、トランスフェクションに取り組まれる皆様のニーズに沿った情報提供を行ってまいります。

2013年5月31日
平成25年度グローバル技術連携支援事業補助金 2件交付決定を受けました。

「ヒトiPS細胞作製プレートキットの試作開発とグローバル展開」

ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞、Induced pluripotent stem cells)は、2007年京都大学の山中教授が発明した日本発の画期的技術であり、既に再生医療、創薬応用など多方面での取り組みが始まっている。本申請では、iPS細胞を「誰でも」、「簡単に」、「確実に」作製することが可能な「iPS細胞作製固相化プレート」の試作品開発を行う。

平成23年度、産業技術総合研究所、リプロセル社、サイトパスファインダー社、積水インテグレーテッドリサーチ社で、地域イノベーション創出研究開発事業「ヒトiPS細胞誘導ツールシステムの開発」を実施しており、その中で、本申請の基盤技術となる「固相化プレートによるヒトiPS細胞の作製技術」の実用化に世界で初めて目処を付けた。本申請ではその新規技術を生かし試作品の開発を行う。

「ヒト全マイクロRNA(miRNA)機能解析研究支援ツールキットの試作開発及び、海外販路開拓」

miRNA機能解析研究の世界的な拡大を図るため、網羅的解析ツール確立が課題となっている。ジーンデザイン(GD)の核酸合成と、サイトパスファインダー(CP)の遺伝子導入技術・ノウハウを融合し、高性能で安価なツールを世界に先駆けて開発し、顧客価値、性能の優位性を欧米有力研究機関で実証し、企業情報センター(KJC)とともに、日米欧のパートナーとの連携で世界市場開拓を図る。

2013年5月14日
当社子会社PGXIS社がTaxonomy3解析でEUの助成金を獲得

このたび、当社の英国子会社であるPGXIS社が参加する企業連合体がEUの「FP7」と呼ばれる科学分野の研究開発助成金を得て薬の副作用研究を行うことになりました。

計画ではアンジオテンシン変換酵素阻害剤である「スタチン」の副作用症例を特定し、次世代シーケンシング法を用いてこうした患者の特徴を明らかにします。

PGXIS社は独自の解析手法であるTaxonomy3を駆使しこれらのデータセットから副作用事象を予測するマーカーセットを特定する役割を担います。

http://www.pgxis.com

2012年

2012年3月26日
本社を東京都千代田区へ移転いたしました。
※当面のご連絡は、当社臨海ラボ(東京都江東区青海2-4-7産総研臨海副都心センター内、電話:03-5530-8086、FAX:03-5530-8087)へお願いいたします。
2012年3月1日
人材募集のお知らせ

2011年

2011年10月1日
資本金の額を減少しました。
2011年9月30日
The 4th Annual Meeting on Cancer and Control of Genomic Integrity (CANGENIN) in Zandvoort (the Netherlands), September 30-October 2, 2011におけるポスター発表資料
“A genome-wide siRNA screen to identify novel proteins in homologous recombination.”
2011年3月25日
山本柳二が代表取締役社長に就任いたしました。吉井富美子取締役副社長、アラン・マッカーシー常務 取締役(英国子会社PGXIS社社長兼任)、鍵山直人取締役(重任)、三谷恵二取締役(新任)、高橋巳喜夫監査役(重任)よりなる新 体制となりました。
2011年2月18日
経済産業省関東経済産業局「平成22年度補正予算地域イノベーション創出研究開発事業」への当社参画プロジェクトの採択について

「平成22年度補正予算地域イノベーション創出研究開発事業」一般型に、当社(株式会社サイトパスファインダー)が参画する「ヒトiPS細胞誘導ツールシステムの開発」が採択されました。
本プロジェクトでは、財団法人バイオインダストリー協会を管理法人として、株式会社リプロセル、当社、株式会社積水インテグレーテッドリサーチ、独立行政法人産業技術総合研究所からなる研究体により、ウイルスによらない「誰もが使える簡便なiPS細胞高効率誘導ツール」を提供することを目指します。

当社は、高効率に遺伝子を細胞に導入する「トランスフェクションアレイ」により、本プロジェクトに貢献します。

2010年

2010年10月28日
シリビンマルトシド、株式会社ファンケルより第26回IFSCC Congress(2010年9月、ブエノスアイレス)で発表、新製品も発売へ (容量:13KB)
2010年8月30日
当社のトランスフェクション技術が、8月30日付日経産業新聞の「バイオ医新」で紹介されました。
2010年8月20日
固相トランスフェクション技術の応用における共同研究契約の締結について

株式会社サイトパスファインダー(本社:東京都中央区、社長:藤田芳司)と武田薬品工業株式会社(本社:大阪市、社長:長谷川閑史)は、トランスフェクション技術の応用に関する共同研究契約を締結いたしました。

2008年10月に株式会社サイトパスファインダーから武田薬品工業株式会社に技術移転された固相トランスフェクション技術につきまして、その技術の可能性を拡大し、より効率的な創薬研究につなげるため、共同研究を実施いたします。

2009年

2009年10月29日
2009年10月29日に名古屋大学、岡山大学、当社との三者共同研究による課題「筋強直性ジストロフィーのスプライシング異常を補正する既認可薬オフラベル薬効の患者培養細胞・動物実験における検証」が科学技術振興機構(JST) の研究成果最適展開支援事業A-STEP FSステージ可能性発掘タイプ(創薬分野)に採択されました。
なお、当社は今後とも様々な分野において医療に役立つ研究を更に推進していく計画です。
2009年8月14日
当社の研究テーマ「細胞ファーマコゲノミクス(細胞PGx)システムの開発」が独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の平成21年度イノベーション実用化助成事業に採択されました。
2009年7月13日
当社は独立行政法人産業技術総合研究所臨海副都心センターに実験室を開設しました。
2009年7月1日
当社は独立行政法人産業技術総合研究所と細胞ファーマコゲノミクス(Cellular PGx)に関する共同研究を開始しました。
2009年6月29日
ピージーアイエス株式会社との合併について

当社(株式会社サイトパスファインダー)は、トランスフェクション技術を基盤とした創薬支援及び医薬品研究業務を主要な事業としてまいりましたが、今後、さらなる企業価値の向上を図ることを目的とし、2009年6月29日を効力発生日として、当社を存続会社、ピージーアイエス株式会社(以下「ピージーアイエス」といいます。)を消滅会社とする吸収合併を行うことを決定いたしました。

ピージーアイエスは、ファーマコゲノミクスに関する専門的知識やノウハウを用いた国内大手製薬会社に対するコンサルティングを主要な事業としており、当社と合併を行うことにより、両社のノウハウを融合させてシナジー効果を発揮させることが、さらなる企業価値の向上を図る上で最善であるとの結論に達したため、かかる吸収合併を行うこととしました。

2007年

2007年10月25日

2007年東京都ベンチャー技術大賞において、弊社の「トランスフェクションアレイシステム」が「奨励賞」を受賞しました。

当日は東京ビッグサイト(東京都江東区)において開催されている「産業交流展2007」のメインステージで表彰式が行われました。

また、表彰式後、石原慎太郎東京都知事がサイトパスファインダーのブースに来られ、激励のお言葉をいただきました。

2007年7月4日
インフルエンザ疾患に関する標的分子を特定:共同研究で成果 (容量:191KB)
2007年5月25日
当社の基盤技術であるトランスフェクションアレイ™が、財団法人化学・バイオつくば財団より、第15回化学・バイオつくば賞を受賞しました。

2006年

2006年11月1日
新本社・ラボ(東京都江東区)の開所式を開催しました。
2006年10月9日
'Technological Breakthrough for cell-based target discovery'、第7回国際システムバイオロジー会議 (ICSB-2006)での三宅正人の講演資料 (容量:2,645KB)
2006年10月5日
日本シエーリング株式会社との婦人科系疾患に関する共同研究契約締結について (容量:79KB)
2006年8月11日
株式会社サイトパスファインダーは本日、ベンチャーキャピタルによる第三者割り当て増資を完了いたしました。
2006年6月30日
米国マサチューセッツ州ボストンにて6月8日開催されましたQIAGEN社主催「First High-Throughput (HT) User Conference」における
弊社CSO三宅正人の講演資料 (容量:335KB)
2006年5月24日
ハイスループットRNAi スクリーニングについてのキアゲンとの戦略的提携について (容量:116KB)
2006年4月25日
杏林製薬株式会社との呼吸器系感染症疾患に関する共同研究契約締結について (容量:103KB)
2006年3月22日
参天製薬株式会社との眼科領域における共同研究契約の締結について (容量:101KB)
2006年3月03日
”事業化迫るRNA工学・RNA医薬、その先端と課題”「RNA医薬の新潮流」セミナーでの株式会社サイトパスファインダー代表取締役社長・藤田芳司の講演資料 (容量:572KB)
2006年2月15日
Biotechnology Japanとの共催で「日経バイオテクビジネスレビュー」創刊記念セミナー“事業化迫るRNA工学・RNA医薬、その先端と課題”を開催 (容量:216KB)

2005年

2005年12月12日
固相トランスフェクションのDNAアレイ技術に関する全世界における独占実施権を獲得 (容量:151KB)
2005年11月30日
株式会社サイトパスファインダーのサイトがリニューアルオープンしました。
2005年7月11日
トランスフェクションマイクロアレイ・システムを用いた3者共同研究について (容量:21KB)
2005年3月22日
株式会社サイトパスファインダーは本日、ベンチャーキャピタル3社による第三者割り当て増資を完了いたしました。

2004年

2004年12月20日
ファウンダー4名(三宅正人、増田一之、藤田芳司、鍵山直人)により株式会社サイトパスファインダーが創業されました。